愛犬家住宅とは

ひとといぬに心地よい愛犬家住宅

トップページ愛犬家住宅とは


コンセプト

コンセプトイメージ。

愛犬と、もっとたのしく健やかに暮らすために。

犬との暮らしを楽しむ方が増えてきました。
でも、愛犬は人とは違う個性や特徴の持ち主。
人にとって住みやすい家が必ずしも愛犬にとって住みやすい家とは限らないのです。

では飼い主と愛犬が快適に暮らせる住まいは不可能なのでしょうか。
「リ・住まいコーポレーション」では、そんな悩みを解決するために"愛犬家住宅"を提案しています。
犬と住まいの専門家である"愛犬家住宅コーディネーター"が、住まいや家族構成、犬種などに応じて快適な"リ・住まい"プランをご提案。愛犬との暮らしに少しでも不便や疑問を感じたら、気軽にお声掛けください。

※"リ・住まい"プラン=安心で心地よい暮らしを叶えるアドバイスやリフォームのこと

私たち愛犬家にとって、愛犬は家族の一員です。

ただ傍にいるだけで毎日の疲れを癒してくれ、家族が笑顔で暮らしていけると思います。
そんなかけがえのない大事な愛犬の犬種や年齢や性格を考え併せて、
一緒に暮らしやすい住空間作りをご提案させていただきます。

代表取締役 稱木亮一

ページのTOPへ

愛犬の生活・行動範囲を考えたプランニング

愛犬の生活範囲についての考え方

プランニングイメージ

愛犬の日常的な居場所をどこにするのか、愛犬の立ち入りを制限する空間をどう考えるかなど、愛犬との暮らし方によって愛犬の生活範囲は変わってきます。 大きく分けると3 タイプになります(右図参照)。

  • 家中自由にさせ、制限をしない
  • 家族の集まるリビング(LD)に限定する
  • 屋外中心で、室内は土間(テラス)までに制限する

プランニングする際には、愛犬とどのように暮らしていきたいか、愛犬の行動を制限したい場所はどこか、十分に考えることが大切です。

ページのTOPへ

愛犬の行動範囲を制限したい場所

住空間には犬にとって危険な場所、衛生上の理由から入らせないほうが望ましい場所があります。 ドアやゲートで入室を制限したり、段差などをあえて設けることで愛犬の行動をコントロールしたり、安全や衛生的な 環境が保てる工夫をしましょう。

  • キッチン
    火傷の危険があり、刃物など危険な調理器具や食べてはいけない食品があるので注意。
  • 風呂場
    シャンプーなどの洗剤類は犬が口にすると危険。湯をためた浴槽に落ちる事故もあります。
  • 階段
    転落の危険があります。また、階段の上り下りを繰り返すことで犬の足腰に負担が蓄積し、重大な疾患を招くこともあります。
  • バルコニー・屋上
    転落の危険があるので、手すりの高さや形状、手すり子の間隔のなどを工夫しましょう。
  • 和室
    和室に使われている建材はニオイが吸着しやすいものが多く、畳は傷つきやすく、ダニなどの微生物が繁殖しやすいので、極力入らせないようにしたいものです。
  • 寝室
    寝具はニオイを吸着しやすく、寝室は衛生上の観点からはできるだけ入らせないほうが望ましい場所。とはいえ、就寝時も愛犬と一緒にいたいと考える飼い主さんも多くいます。入室を制限するかどうかは飼い主さんの考え方次第です。

お客様の声
愛犬家住宅の施工事例
一般リフォームの施工事例
お知らせ
イベント情報
マスコミ関係
愛犬マメ知識
スタッフのありがと日記

家族のこと愛犬のことを考えた快適リ・住まい


お気軽にお問い合わせください。営業時間9:00~17:00 定休日日曜日 電話番号0120-151-015 メールでのお問い合わせはこちら